スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてくださると幸野が喜びます。
よければ1クリック↓
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 人気ブログランキングへ

「歪んだ好き」

秦野成望さまに「俺様鬼畜の大海人皇子」のリクをいただいたのですが、
ちょっと脱線してしまいましてただの嫉妬深い人みたいになってしまいました・゜・(PД`q。)・゜・
しかも大海人×中大兄という(´・ω・`)
 
 


腐向け注意!

 

 
「今日はあいつ、いねぇの?」
大海人が口を開いた。
「あいつ?」
特定できぬ人物に中大兄は問い返す。
「いっつも兄貴のそばにいるやつ。」
「あぁ、鎌足か。」
いつもそばにいる、か。
それでピンとくるあたり、鎌足に依存しているのだと少し笑う。
「そう、鎌足…だっけか。」
「今日はな。
兄弟話すのだから必要なかろう。」
特になにとなく部屋を見回し、告げた。
「ふぅん。
……ならちょうどいいや。」
大海人はぼそりと呟き、ぱっと中大兄を捕えた。
右手で中大兄の両手を軽々掴む。
「兄貴が頭脳で俺が武力、だっけか。
力じゃ兄貴は敵わねぇよな。」
中大兄はとっさに手を振りほどこうとするが大海人の片手の力にすら勝てはしない。
「兄貴っていつもいつもその鎌足ってやつと一緒だな。」
大海人が中大兄が不穏な顔を見せたのを見て、そのまま馬乗りになるような形で押し倒す。
「……どけ」
困惑を顔にださぬよう、声にださぬよう、中大兄は冷静に言った。
しかし大海人は素知らぬふりで話を続ける。もちろん中大兄を離す気もないらしい。
「気にいらねぇ。
兄貴も知ってるだろ?
俺、独占欲強いんだって。」
「………大海人…?」
ぽつりぽつりと話しはじめる大海人。
怪しくも幸せそうな笑みを浮かべて。
「兄貴は俺の。
俺の方がずっと一緒だったんだから。」
中大兄の服に手がかかる。
「……鎌…足っ」
助けを求める。
今居ぬ人に。
「まだその名前呼ぶのかよ。
こんなときくらい俺の名前しか呼べねぇようにしてやろうか。」
苛々とした声。目の前に自分が居るというのにどうして他人の名前を呼ぼうか。
目をじっと見て顔を近づける。
思わず中大兄が目を閉じると、唇に当たる感触。軽く、唇が触れ合った。
「なぁ、兄貴」
呼ばれ、薄らと目を開ける。
目の前には歪んだ、歪んだ笑い。
大海人は今度は深く口づけた。
 
「誰よりも好き」
 
 

 
 
うわーー
ごめんなさ゜(ノД`゜)゜。━━━い!!
 
とりあえず大人しくリク通りのやつを書いてきます(`ω´ゞ
スポンサーサイト
クリックしてくださると幸野が喜びます。
よければ1クリック↓
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幸野

Author:幸野
夢見る乙女モドキのJK2の腐れちきんです
BLNLGLばちこい!です
カラオケ好きで歌下手な迷惑っ子です。

wj・BASARA・ラメント・咎狗・絶望先生・ディスガイア・ウサビッチ・ジョジョ・日和・SQ・aph などなど
その他いっぱいゲーム漫画小説大好きです。
雑食で食い散らかしてます←
でも今一番熱いのは堀宮でございます。
でも基本CP的な意味でも雑食でs((
音楽のほうも雑食です。

寂しがり屋なので絡んでいただけると飛び上がって喜びます。
最初は控えめですが慣れたらうっと惜しいまでにハイテンションで絡みだします。
気をつけてください。
お友達切実に募集中ですー

キリ番とかやってみる?



てきとーに踏んだかな?って方はお知らせとかいただけたら^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
ぽちっとお願いしますω
アンケート
よかったら答えてくださいましー 面白かったなーとか、好きとか、読みたいなーとか思ってくださったものによければ投票お願いします。 書いたりしたいですー 連続投稿可能ですのでいくつでもー^ω^ 項目はいくらでも増やしてくださいw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。