スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックしてくださると幸野が喜びます。
よければ1クリック↓
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 人気ブログランキングへ

「潜む。」

とくり とくり
心臓が脈打つ。
この部屋には誰かいる。
私とあの人以外に。

2人暮らしのはずなのに。



彼女は毎日のように言う。
「また動いてる
元の場所に……」
私が使った後、元の場所に戻さないからだ。
彼女はきっちりしているから、きっとだらし無い私が嫌なのだろう。
最近ではもう怖がるほどに。
彼女には潔癖症なところがあるからなぁ。

彼女とは生活の時間の違いで、私が部屋に堂々といられる間は彼女は大学に行っている。
見るといえば彼女の寝顔くらいだ。
私はそんな生活でも幸せだった。
とても、とても。


けれど、おかしい。
ここ1週間ほど違和感を感じる。
私は彼女がいない間にも外出したりする。
その間に、物が動かされている気がするのだ。
誰か…ここに潜んでいるのか?
私と彼女の城に。

夜、彼女が寝静まった後。
私は日課のように彼女の寝顔を見に起き上がる。
私は彼女のベッドの下で寝ている。
彼女を起こさないよう、そっと。
するとカサリと何かが動く気配がした。
やはり、誰かいる。
ぱっと振り返って見れば、男がいた。

「誰だ」
私は言った。
「…お前こそ…」
相手はくぐもった声で答えた。
「先にお前が名乗れ。
場合によっては…どうなるか…
正直に言えよ。」
相手はしばらく黙り、口を開いた。
「彼女の…ストーカーだ…」
相手は彼女を指差し、答えた。
全く何てやつだ。
「一週間くらい前からだな…?」
違和感を感じだした頃。
「…そうだ…。
お前は…!?
彼女には彼氏がいるなんて聞いてないぞ!?」
ふぅ、3ヶ月ほど前からいると言うのに。
こいつの情報収集能力は…。
私はため息をつきながら落ち着いて答えたよ。






「君と同じだよ」



--------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
クリックしてくださると幸野が喜びます。
よければ1クリック↓
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幸野

Author:幸野
夢見る乙女モドキのJK2の腐れちきんです
BLNLGLばちこい!です
カラオケ好きで歌下手な迷惑っ子です。

wj・BASARA・ラメント・咎狗・絶望先生・ディスガイア・ウサビッチ・ジョジョ・日和・SQ・aph などなど
その他いっぱいゲーム漫画小説大好きです。
雑食で食い散らかしてます←
でも今一番熱いのは堀宮でございます。
でも基本CP的な意味でも雑食でs((
音楽のほうも雑食です。

寂しがり屋なので絡んでいただけると飛び上がって喜びます。
最初は控えめですが慣れたらうっと惜しいまでにハイテンションで絡みだします。
気をつけてください。
お友達切実に募集中ですー

キリ番とかやってみる?



てきとーに踏んだかな?って方はお知らせとかいただけたら^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
ぽちっとお願いしますω
アンケート
よかったら答えてくださいましー 面白かったなーとか、好きとか、読みたいなーとか思ってくださったものによければ投票お願いします。 書いたりしたいですー 連続投稿可能ですのでいくつでもー^ω^ 項目はいくらでも増やしてくださいw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。