FC2ブログ

「ありがとう」

 
戦国BASARA 佐助×幸村?
 
※弱腐
※死ネタ注意
 

 
 
「ね、死んじゃやだよ?旦那。」
いつか、そう言っていたのは佐助。
ぼんやりとその姿を思い出す。
一瞬、悲しそうな顔をして、その後照れ笑いを浮かべていたのをはっきりと覚えている。
 
何故そんなことが今?
 
考えていると
「旦那!!旦那ぁ!!」
と大きな声で叫ぶ佐助がいた。
何故か叫ぶ声も遠く聞こえ、意識がどことなくはっきりしない。
なにもかもがぼんやりしている。
「佐助?
どう、したでござるか…?」
段々と語尾が小さくなっていく。
「気がついた!?」
 
咽が痛む。
某の咽はどうしたのだろう?
 
なんとなく自分の体に違和感を覚えながら佐助に手を伸ばす。
そして、ぎゅっと・・・握る。
 
「旦那…声、出さないで?」
目に涙を溜めた佐助がじっとこちらを見つめ、手を握り返す。
幸村にはその手の温もりがとても心地よく感じた。
「どう、したで…ござるか…?
何故…佐助は…泣いておる…?
何故…某は…動けないでいる…?
何故…」
そういっている最中、記憶がはっきりとしてくる。
 
-・・・戦の最中だったこと。
敵武将にやられ、落馬してしまったこと・・・-
 
全てを思い出すと共に体も痛みを思い出す。
腕の千切れるような、足が踏み潰されたような…
そんな激痛が幸村を襲う。
体中から流れる血と、甲冑の隙間を縫い、刺さった刀を見て、
 
『もう…生きられはせぬのだな…』
 
と悟る。
 
「佐助、最後に言っておくことがあるでござる。」
「旦那!!喋らないで…?
ね、もうすぐ医療班も来るからさ!!
…最後なんて…言わないでよ…」
「…いいんでござるよ…某はもう助からぬ…。
自分の体のこと…その位分かるでござるからな。
だから…佐助。」
「嫌だ!!旦那!!」
「佐助、今まで…」
「旦那ってば!!」
 
 
「ありがとう」
 
 
言い終わるとほぼ同時に力が抜け、堪えていた痛みに襲われ、意識が遠退いていく。
「ちょ・・・旦那!!?」
手にも力が入らない。
佐助の手をきつく、しっかりと握っていたはずだった。
いつしか、佐助が幸村の手を握り締めていた。
 
『親方様、幸村一生の不覚。
すみませぬ…』
 
最後に見えたのは、手を握り、幸村に覆い被さって泣く、佐助の姿だった。
この手を離したくない、と思った。
ただそれももう叶わない夢。
今、死に逝く自分がとても惨めに感じられ、悔しかった。
 
「旦那ぁっ!!!」
 
幸村の手の力が完全になくなったとき、佐助は一際大きな声で叫んだ。
「旦那…医療班、来たよ?
もう、大丈夫だからさ…ねぇ…
目、開けてよ…
旦那…」
 
 

 
 
一時期死ネタばっかだったじきがありますた。
その時の一つかも知れません。
まだあるっぽいのでおいおい投下予定。
 
佐助より幸村が死ぬ率高い。
 
スポンサーサイト



クリックしてくださると幸野が喜びます。
よければ1クリック↓
にほんブログ村 小説ブログへ にほんブログ村 人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幸野

Author:幸野
夢見る乙女モドキのJK2の腐れちきんです
BLNLGLばちこい!です
カラオケ好きで歌下手な迷惑っ子です。

wj・BASARA・ラメント・咎狗・絶望先生・ディスガイア・ウサビッチ・ジョジョ・日和・SQ・aph などなど
その他いっぱいゲーム漫画小説大好きです。
雑食で食い散らかしてます←
でも今一番熱いのは堀宮でございます。
でも基本CP的な意味でも雑食でs((
音楽のほうも雑食です。

寂しがり屋なので絡んでいただけると飛び上がって喜びます。
最初は控えめですが慣れたらうっと惜しいまでにハイテンションで絡みだします。
気をつけてください。
お友達切実に募集中ですー

キリ番とかやってみる?



てきとーに踏んだかな?って方はお知らせとかいただけたら^^

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキング
ぽちっとお願いしますω
アンケート
よかったら答えてくださいましー 面白かったなーとか、好きとか、読みたいなーとか思ってくださったものによければ投票お願いします。 書いたりしたいですー 連続投稿可能ですのでいくつでもー^ω^ 項目はいくらでも増やしてくださいw
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR